白井 旬 の戦略人事ブログ

【新講座】職場の戦略人事パートナー養成講座(経験の資本化×振り返りの魔法)6月07日までのスタートアップキャンペーン実施中! 

◆職場の戦略人事パートナー養成講座(経験の資本化×振り返りの魔法)




人的資本経営とキャリア自律を両面で実現する

「経験の資本化×振り返りの魔法」でニッポンを元気に!

経営者の相談役として

管理職の伴走者として

従業員の理解者として

働く人と組織とニッポンを元気したい

士業や研修講師やコンサルタントや

管理職向けの養成講座です。

2018年に構築して全国展開した「職場の基礎代謝(R)改善ファシリテーター」養成講座に、

1-日本政府「骨太の方針2022」の肝となっている【人的資本】(人材1.0)

2-古き良き日本の誇りであり再注目されている【社会関係資本】(人材2.0)

3-人的資本や社会関係資本の土台として連動する【心理的資本】(人材3.0)

の要素を加えて完全リニューアル&バージョンアップいたしました。

さらに「経験の資本化(商標登録出願中)と「振り返りの魔法(商標登録出願中)」という当法人オリジナルのメソッドを加えることで、人的資本経営×キャリア自律×経験の資本化×振り返りの魔法=活躍しつづける組織&人材づくりを実現

(注)「心理的資本」は、開本浩矢 氏および株式会社Be&Doの登録商標です。

<経験の資本化×振り返りの魔法>


「振り返りの魔法」では、日・週・月・季・年単位のワークシートを活用します。日⇒週⇒月で小さく始めて、季⇒年で大きく運用。経験を可視化・言語化・資本化して活用する。のは資産運用と同じ考え方です。



 

 
<職場の戦略人事(経験の資本化×振り返りの魔法)実践事例>

(個人課長に昇格してから部下のマネジメントに悩み、自身を喪失するなど【心理的資本】が下がり、以前と比べて著しくパフォーマンスが低下していたAさん。振り返りの魔法の「幸せ1行日記」と「月イチ羅針盤」を続けて4ケ月目から状況が好転。今では、部長を見据えたご自身の能力開発や経営参画意識の醸成、課全体のパフォーマンス発揮に自信をのぞかせています。
 

(組織)大手化粧品メーカーのブランドを扱うコスメショップB社。長らく、目標にあと一歩届かない状況が続いていました。そこで【社会関係資本】が自然と高まるスマホワーク「週刊カラーバス」を毎週行ったことで、少しずつ経営者とスタッフ、そしてスタッフ間の「不理解」や「不明瞭」や「不安感」などが解消され生産性が向上。時間にもココロにも余裕が出たことから、スタッフ自らが業務改善や店舗づくりに積極的に参画し、今では九州ナンバー1の売上店舗になるなど、業界からも注目される存在になっています。
 
 
(研修講師&キャリアコンサルタントこれまで研修会社からの依頼を受け、企業や団体での研修講師を10年以上続けてきたCさん。「単発での研修ではなく、もっと企業や社員に寄り添った支援がしたい」と思いつつも、経営経験がないことから、経営者と対峙する自信がありませんでした。そこで、ご自身が持たれているコンテンツを【人的資本×社関係資本×心理的資本】で分類したうえで「実力発揮マネジメントカード」を使った2週間に1度の振り返りを習慣化しました。半年後には、企業から半年~3年単位の長期契約を結んでいただけるようになりました。


 
(女性活躍推進)従業員数が約480名のD社。全従業員の男女比は6:4ですが、管理職の男女比は8:2となっていました。会社としては、ここ数年「女性活躍」を掲げてプロジェクトを女性管理職の登用を推進していましたが「ロールモデルとなるような理想の上司がいない」や「「〇〇部長のようなライフ&キャリアは目指したくない」といった声が女性スタッフから挙がるなど効果が出ない状態が続いていました。そこで「自己理解⇔仕事理解⇔環境理解」を中心とした「WWB(Women's Well-being)」プログラムを発足し、女性幹部から一般スタッフまでの【人的資本×社会関係資本×心理的資本】を高めること5年。現在の管理職の男女比率は 6.8:3.2 まで改善してきています。


 
<外部支援者に求める3つの要素> 
これまでの10年間。のべ300名以上の経営者の伴走支援と、スタッフ3万人以上(管理職含む)のライフデザイン×キャリアアップ支援の経験から編み出された「経営者が外部支援者に求める3つの要素と階層別の8つの役割」を体系化して、月に1回の相互支援型グループコンサルティング(Zoomー希望者)を展開します。

1-愚痴を聴いてくれる(経営者もひとりの人であり、時には心情を吐露したい)

2-時には諭してくれる(経営者に進言や諫言するスタッフは少ない傾向にある)

3-未来を描いてくれる(経営者と同じ視座そして異なる視点での発想が欲しい)

<階層別で求められる8つの役割>

歴史家、翻訳家、戦略家、設計士、伝道師、伴走者、理解者、預言者



<職場の戦略人事パートナー養成講座に含まれるもの>

1:職場の戦略人事(人的資本×キャリア自律×経験の資本化×振り返りの魔法など)の講義資料&ワークシートをつかったプレゼンテーション&ワークファシリテート 

2:上記の講義資料&ワークシート 「幸せ1行日記」 「週刊カラーバス」 「月イチ羅針版」「季節の成長実感」「今年の資本化10大ニュース」のパワーポイント・ワードデータ
  
3:講座中に「季節の成長実感」シートを活用した「経験資本化インタビュー」を2回実践(なお、講座修了後に他の受講生あるいあ修了生と30分×3回を実践(講座中に2回、講座後に3回の合計5回)して経験値アップ⇒修了要件となっております。
 

4:企業の伴走支援時に実践する「8週間ワーク(カラーバスほか)」を他の受講生とともに、講座開始の前週から8週連続で体験してレポート⇒修了要件になっております。
 
5:定期的な「経験の資本化」を自身が実践・体感できるように、3ケ月に1回(3・6・9・12月)の「相互資本化インタビュー」を事務局主催で実践⇒修了生同士の交流で「人的資本×社会関係資本×心理的資本」の強化に!


<限定4日程ースタートアップキャンペーン価格適用>
通常価格-198,000円(税込み)のところ
6月07日(金)までのお申込み・ご決済で、
新講座!スタートアップ・キャンペーン!
特別価格ー
154,000円(税込み)を適用!

◆1日目-7月03日(水)オンライン、2日目ー7月24日(水)オンライン
 
◆1日目-
7月06日(土)沖縄リアル、2日目ー7月27日(土)オンライン
 
◆1日目ー8月04日(日)オンライン、2日目ー8月18日(日)オンライン
 
◆1日目-9月04日(水)オンライン、2日目ー9月25日(水)オンライン


(注)1日目・2日目 のいずれも 10時00分~16時30分 にて開催。

(注)7月06日(土)の沖縄リアルの会場は、沖縄県市町村自治会館を予定

(注)1日目と2日目の順番が逆にならなければ、他の日程との組み合わせも可能。
⇒1日目ー7月06日(土)沖縄リアル+2日目ー8月18日(日)オンライン(申込フォームで選択可能)




(1日目)の主な内容-プログラム進行状況により、多少の変更があります。

-職場の戦略人事パートナーの目的と役割
-VUCAの時代とPESTEL分析(変化に対応する)
-持続可能性(サステナビリティ)の2大潮流
-E(環境)S(社会)G(ガバナンス)は投資から評価・経営へ
-人的資源(Resource)と人的資本(Capital)の違い
-人的資本≒貸借対照表的(短期的な損益→長期的な投資)
-人的資本経営の3つの視点×5つの要素とESGとの関係とは
-これからの時代に重要な3つの資本(人的×社会関係×心理的)
-経験を資本化する?(貸借対照表で考える)合本主義とは?
―経験の「可視化・言語化・資本化」サイクル
―“振り返り”で経験を資本化⇒実力発揮
-(体験)経験資本化インタビュー(季節の成長実感シート)
-(解説)「幸せ1行日記」「週刊カラーバス」


(2日目)の主な内容-プログラム進行状況により、多少の変更があります。

-振り返りの範囲(ライフ&キャリアデザイン)
-小さく始めて(日・週・月)、大きく運用(季節・年間)
資本化に繋がる質問・声掛け・承認(人的×社会関係×心理的)
-砂山の法則(横の広がり⇔高さが出る)
-イノベーション(組織)⇔自己効力感(個人)
-カラーバス効果≒頻度錯誤の活用
-偶発性学習理論(5つの行動習慣)
-Well-Beingの “幸せの4つの因子”
-3つの幸せ(Well-Being)の優先順位
-マズローの欲求5段階説×承認の3種類(存在・行動・結果)
-心理的資本の4つの要素 HERO とは?
-(体験)経験資本化インタビュー(季節の成長実感シート)
-(解説)「月イチ羅針盤」「今年の資本化10大ニュース」

 

<90分(無料)オンライン体験講座の日程>

まずは、中身を知りたい!という方に向けた「90分(無料)オンライン体験講座」もご用意いたしております。

無料体験講座ですが、原則、顔出しで体験講座中には、ブレイクアウトルームなどで感想の共有があります。

◆(無料体験)5月19日(日)16時00分~17時30分

◆(無料体験)5月22日(水)20時00分~21時30分 

◆(無料体験)6月02日(日)10時00分~11時30分    

◆(無料体験)6月05日(水)10時00分~11時30 



 

<メソッド設計&講師プロフィール>

白井 旬(しらい じゅん)
株式会社職場のSDGs研究所 代表取締役/NPO法人沖縄人財クラスタ研究会 代表理事
国家資格キャリアコンサルタント
 

旅行会社、ITコンサル企業、地銀系シンクタンクを経て現職。2012年より、経営戦略に沿った「誰もが実力を発揮できるイノベーションな組織づくり」の伴走型支援をスタートし、地域の中小企業から一部上場のグローバル企業まで幅広くサポートしている。それらと並行し2012年から10年間、沖縄県「人材育成企業認証制度」の事務局長を務めた。
 

近年は、WWB(Women's Well-being)を中心とした「3つの資本(人的資本×社会関係資本×心理的資本)経営プログラム」が評判を呼び、日本全国の自動車販売会社・建設会社・小売店・自動車学校・金融機関などの女性幹部育成や働き方改革などで成果を挙げている。
 

2018年4月に上梓した『生産性を高める職場の基礎代謝』(合同フォレスト)は、発売後1ケ月で増刷、2022年4月に4刷となるなど、現在も人気を博している。
 

2023年2月には『経営戦略としての SDGs・ESG』(合同フォレスト)を上梓。Amazon【中小企業経営】カテゴリーで2023年3 月22日から3日連続1位を獲得するなど、経営課題と社会課題を同時に解決する新たなサステナブル経営の指南書として経営者・管理職・人事担当者などに支持されている。
 

同書は、2022年9月に実施された関西学院大学商学部(2023年度)学部特色入学試験の問題(小論文)に採用されたのに加え、産業能率大学の通信教育課程の2023年度教科書としても採用されている。2024年には韓国語翻訳版も出版予定。
 

2023年5月には、SDGs・ESG経営の観点から会社を「見える化・言える化・魅せる化」する「SDGs・ESG経営カード」をデライトコンサルティングと共同開発し、「持続可能な組織づくりとSDGs・ESG経営」のコンサルティングを強化している。




#経験の資本化 #振り返りの魔法 #人的資本 #社会関係資本 #心理的資本

職場の基礎代謝 職場のSDGs 職場の戦略人事